ロゴ

遺品整理が必要な理由

遺品整理がなぜ必要なのかというと、住まいにまつわるトラブル回避と、相続手続きの円滑化、そして遺族の気持ちに整理をつけるためです。賃貸住宅に暮らしていた場合、決められた日までに退去しなくてはいけませんし、相続に関する書類も遺品の中に含まれています。

業者に頼むと負担が減らせる

遺品整理を遺族だけで行うのは肉体的、精神的、経済的な負担も大きくなります。故人の愛用していたものを仕分けていると、故人との思い出が浮かび上がってきて、作業がなかなか進まなくなります。また、不用品の処分にかかる費用も、物によっては高くついてしまい、経済的にも負担が大きくなるのです。

遺品整理業者による作業手順

荷物

事前ミーティング

遺品整理当日の作業の流れについて、遺品整理業者と依頼者がその流れを共有しておく必要がありますので、事前に入念なミーティングを行います。その際には、作業の流れだけでなく遺品整理時の注意点などについても業者が詳しく説明してくれます。

集合住宅の場合は養生

遺品を運び出すときに、週辺を傷つけることを避ける必要があります。マンションやアパートといった集合住宅で故人が生活していた場合は、共用部分である廊下や壁などに傷がつかないように養生を行います。また、賃貸住宅に住んでいた場合も同じで、家の中の柱や壁、床が傷つかないように保護してくれます。

遺品の仕分け作業

定められたルールに従って、遺品の仕分け作業を行っていきます。部屋の広さに応じて数名のスタッフで仕分け作業にあたることもあります。処分品に関しては、さらに可燃や不燃、一般廃棄物や産業廃棄物といったように、それぞれ適切な方法で処分できるように仕分けしていきます。

遺品の梱包と搬出作業

仕分けされた遺品に関しては、仕分けをした後に梱包を行い、搬出作業を行います。遺族に渡すもの、処分するものはそれぞれ適した方法で処分しますので、梱包をして搬出しやすくします。搬出の際には、家の中だけでなく集合住宅の場合は共用スペースも傷つけないように気を付けながら作業します。

搬出終了後、清掃

遺品の搬出が全て終了してから、部屋の中をきれいに清掃します。清潔にしている部屋であっても、見えない部分に汚れがたまっていることもありますので、そのような汚れもきれいにしてくれますし、汚れやすいキッチンやお風呂、トイレなどの水周りも丁寧に掃除してくれます。

どのくらいかかるの?遺品整理業者に依頼するときの費用

男女

遺品整理の費用は部屋の大きさによって変わる

遺品整理の費用については、基本的に整理を依頼する部屋の広さに応じて、料金が変わってきます。遺品整理業者によって費用の算出方法は若干異なりますが、部屋の間取りや、体積、面積に応じて料金を決めるところがほとんどです。それは、部屋が広くなるだけ、整理する遺品の量も増えると考えられるからです。遺品の量が増えると、搬出や梱包、運搬に使用するトラックの容量や台数もたくさん必要になりますし、仕分けや梱包、清掃といった作業の際にもスタッフの数が多く必要になるからです。

東京で好評な遺品整理業者☆

兵庫にある遺品整理の専門店を紹介☆

福岡で遺品整理を進めよう